実年齢より若く見られていた若く見られるためにはシワは対敵

私は、高校生の頃から、実年齢より若く見られていました。そのまま大学生になっても、また就職してからも若く見られていました。それは、童顔だからです。私は若く見られるのが嫌だったので、実年齢より上に見られたいと思っていました。そして今、29歳になったのですが、27歳頃から、年相応にみられるようになりました。その原因は、決して大人っぽくなったというわけではなく、シワができ始めたからです。
自分でも、気づいたときにはかなり驚きましたが、目じりに小じわが何本かでてきてしまっていることに気がつきました。それまでは、シワなんて気にしたことが一度もなかったですが、急に出はじめたのです。そして、もうひとつの気になるシワは、ほうれい線です。ほうれい線による見た目の印象は、本当に変わるなというのが実感したことです。一気に顔に老けたような、そんな気がします。目尻のシワやほうれい線によって老けてしまった顔を見るのは、すごく嫌でした。
シワについて、原因としては乾燥がよくないということで、私は肌の乾燥対策をしっかりはじめました。今までは、けっこう面倒くさがりやなので、一応ケアはしているけど、念入りにはしていませんでした。そして、使っていた基礎化粧品も、安いものを使っていたのです。消耗品だからと、安くていいかと思ってしまっていました。だけど、20代前半ならまだしも、25歳を超えてからは、基礎化粧品を見直していた方がよかったなと思いました。
私が基礎化粧品を見直してからは、乾燥対策の、保湿力の高いものを選びました。もともと私は乾燥肌なので、水分が入りにくい肌質だったようです。そのため、保湿力の高い中でもしっとりタイプを選びました。変えたのは、化粧水と、乳液、そして今までに使っていなかったクリームをケアとしてプラスしました。そして、一週間に一度の保湿パックをしました。
そしてもう一つプラスしたケア方法があります。それは、シワ対策の美顔器です。美顔器を顔全体に、毎晩しました。ほうれい線の部分は特に念入りにしました。効果を出したかったので、鏡を見ながらしっかり手を動かしました。そして、面倒がりやな私が、欠かさず毎日続けたことがよかったのだと思います。
実際に、すぐに効果が出たわけではありませんでした。だけど、念入りな見直した肌ケアを続けて3ヶ月ほどで、目元のシワ、またほうれい線がだいぶ薄くなったのがわかりました。完全に消えたわけではないので、これからも、続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です