、20歳の頃から接客業をしていたシミ対策は早めに限る。

シミに関して私が悩み始めたのは、28歳ぐらいの頃からでした。もともと、20歳の頃から接客業をしていたので、年上の女性のお客様と接する機会もすごく多かったです。そのため、その方達から、シミ対策として、きちんと日焼け止めは塗らなきゃだめだと、何回も繰り返しアドバイスをもらっていました。今思えば、その時のアドバイスをきちんとうけとめて、早めにシミ対策をしていればよかったというのが、一番の反省です。というのも、そのアドバイスを受けたからといって日焼け対策をしたかというと、あんまりしていなかったからです。
もともと私は、中学生の頃にテニス部に所属していました。そのため、毎日紫外線をたくさん浴びていましたが、日焼け止めは塗っていませんでした。それからも、面倒くさがりやな私は、ちょっと日焼け止めを塗る程度で、塗り直したりということもしなかったです。そして社会人になっても、若さで美肌を保っていた部分があったので、紫外線でシミができるイメージがあまりなかったのです。
実際自分が28歳になった頃ぐらいから、シミが出出しました。初めて見つけた時は、嘘でしょ?という感じで、すごくショックでした。目の下あたりに点々とシミができているのを見て、気のせいかなとも思いましたが、気のせいな訳はなく、もう一度しっかり見て見ましたが、やっぱり以前にはなかったシミがありました。
それから気になり、鏡を見るたびすごくその箇所ばかり見てしまいます。そして、それからは、本当にしっかり日焼け対策をしています。日焼け止めはきちんと全身塗り、顔に関しては、出かける30分前に日焼け止めを塗ります。それが効果があると聞いたからです。そして、2時間おきに塗り直しています。そして、もうひとつしている対策は、日傘をさすことです。午前中やお昼頃はもちろん、日の陰った夕方にも日傘をさしています。日傘は、高い位置で持たずに、なるべく低い位置でさして効果的な方法を実践しています。でも、それはあくまでもこれからシミができないようにという予防です。
できてしまったシミには、ビタミンC誘導体の成分の含まれた美容液を塗っています。ビタミンC誘導体が、ニキビ跡やシミにいいと知りました。それからは、毎日化粧水を塗った後に念入りに、シミ部分にとんとんと美容液を指で叩き込んでいます。すぐにはもちろんシミが消えるということはないと思うので、根気よくこれからも続けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です