カテゴリー: Uncategorized

vivalehat.comが監修!シミサプリとシミ薬の超絶効果を徹底比較!

顔にできるシミもイヤなら身体にできるシミもイヤなものですね・・・。

どうして人間の身体にはあんなよく分からないものができるのでしょう。それも次から次へと。シワは仕方がないと諦められてもシミは簡単にハイそうですかとは言えないのです。シミは何となく悪い意味で特別なのです。

ミサプリを飲む事でシミが解消できるかもしれませんね!

顔にできるシミが目立つようになるとそのシミばかり見てしまいます。シミを見たくないのに目がシミにばかり集中してしまう。メイクをするときは特にそう。頬にいくつかあるシミにばかり目が行って、そのシミをどうやって消そうか、どうやって見えない状態にしようか・・・とそればかり考えてしまうのです。だって本当にシミが気になるんですもの。

ひとつくらいのシミなら隠すのも簡単。コンシーラを塗れば完全じゃなくてもだいぶシミを消すことができます。目立たなくなるのは嬉しいですがやっぱりそこは完全に見えなくしたくて・・・。スッピンの状態では仕方がないけど、メイクしているときくらいシミを完全に見えなくしたいです。そんな魔法のようなことが簡単にできるコンシーラやミサプリを今探していますがなかなかないですね・・・。

やっぱりシミを完全に見えなくするコスメはないのかも・・・なんて思ったりして。そういうコスメがあればとっくに評判になっているでしょう。ファンデーションでもコンシーラくらいシミをうまくごまかせる性能があれば嬉しいですがそれもあまり期待できそうもなくて。私の場合はいつもシミの部分にコンシーラを塗ってぼかしてからパウダーファンデーションを塗っています。こうやって二重にシミを隠さないと私のシミは色素が濃いので隠れてくれません・・・。

う~ん、やっぱりシミを隠すということは難しいですね。だからメイクでシミを隠そうと考えるよりもシミを元から消してしまった方が良いのかもしれません。シミを消す方法はやっぱり皮膚科などのレーザー治療でしょう。レーザーを当ててシミを根こそぎ取ってしまう。レーザー治療には健康保険は使えないのでそれなりの出費は覚悟しなければいけませんね。病気じゃないのだから健康保険が使えなくても仕方がないですが、シミを根こそぎ取りたいならこの方法しかないのでしょう・・・。

放っておいても出てきてしまう憎憎しいシミ。何もしていなくても、そしてちゃんと肌の手入れをしていても出てきてしまうシミは本当に困りもの。でもこれからシミ取りの新しい方法が出てくるかもしれませんね~。

私は、年齢的に30代ということで、だんだんとシミに対する悩みが出てきました。
昔は、肌の色が白くて、青白いと言われていたので、健康的に見えるようにと、夏の炎天下の下で、寝転がって肌を焼いたりしていました。
学生の頃は、日焼けなんて気にしませんでしたし、将来、シミで悩むことがあるなんて思ってもいなかったので、日焼け止めも塗っていませんでしたし、肌が焼けた跡も、アフターケアをすることもなく、ほったらかしていました。

ですが、30歳を超え、鏡をふと見ると、自分が想像していないくらいシミが顔中に広がっていました。
さらに、私は大学生の頃に顔中にニキビができました。
当時は、ニキビが気になるので、できるたびにニキビを潰してしまっていました。
なので、ニキビ跡ができているのと、ニキビがあった場所が色素沈着を起こして、シミのようになっている箇所がたくさんありました。
まさか、こんなに肌が老化現象を起こしていると思っていなかったのでショックでした。

一度出来てしまったシミはなかなか消すのは難しいと聞きました。
なので、これ以上シミが増えないように、対策を取って行かないといけないと感じました。
そこで、私は、インターネットやテレビなどの情報から、紫外線対策をするようになりました。
紫外線は一年中降り注いでいるということで、夏だけではなく冬もUVカット機能のあるファンデーションを塗って、肌を守るようにしました。

やっぱり効果的なのがシミサプリ

ロスミンローヤルを飲んだことによってシミが薄くなりましたし、手術をする事なくシミが目立たなくなったんです。

やっぱり、シミサプリはとってもお勧めできると言えるでしょう。

また、肌だけでなく、目からも紫外線を浴びてしまうと、シミが出来てしまうということも知り、夏はUVカット機能のついたメガネをかけるようにしました。
目からの紫外線は、日焼け止めを塗るわけにもいかないので、UVカット機能のついたメガネを付けることで、目が焼ける痛さも少し軽減されたような気がります。

また、紫外線は窓ガラスなども通過するということで、家の中にいるときも、日焼け止めを塗ったり、車に乗っている時も、帽子をかぶったり、アームカバーを使用したりして日焼けからのシミのできることを防いでいます。
また、今年から初めて見た、シミ対策があります。
それは、「飲む日焼け止め」というものです。
しみを防ぐために、日焼け止めをたくさん塗っても、結局は汗で流れてしまったりして日焼けをしてしまうことがあります。
なので、飲む日焼け止めで体の中からシミ対策をして、シミの発生を防ぎたいと考えています。
シミができる原因は、紫外線からが大半で、あとは加齢によるものだということで、紫外線からの肌老化が防げれば、シミがだいぶ防げると思います。

女性の天敵のしみやしわ。
この難い悪魔達ですが、ある日突然お肌に現れる訳ではありませんよね。
毎日の外出や、空気の乾燥、不規則な生活習慣によって、ゆっくりゆっくりとお肌に定住してしまいます。
特に気をつけたいのが紫外線。
恥ずかしい話ですが、私は10代の頃、40代なんじゃないかと思われるような笑いジワと無数のしみを作ってしまった経験があります。

10代の頃、高原にあるテーマパークでアルバイトをしていたのですが、その場所はかなり標高が高く、涼しいのは良いのですが、少々日差しの強い環境でした。
まだ若かった私は、しみやしわの心配をした経験がなく、紫外線というものをたいして気にしていませんでした。
ですのでバイトをしている間、日焼け止めを出勤前に適当に塗っただけでたいしたケアもせずに、バイトの忙しさもあり、太陽の照りつける高原を長時間紫外線に当たりながら働き続けました。
そのおかげでバイトを止める頃には私の顔は真っ黒にこげ、無数のしみがびっしりに!
しみが出来たことはその前にもあったので、まぁどうせ治るだろうと思っていたのですが、ある日鏡を見てビックリ。

10代の口元に笑いジワが出来ていたのです。

最初は、乾燥やお肌の調子が悪いのだろうと考えていたのですが、毎日鏡を見て確認しても全くしわが消えることはありません。
(これは一意的なものではなく、本当にしわが出来てしまったんだ!あんに紫外線に当たったから?!どうしよう!)
慌てた私は、その日から徹底してしわ、しみ対策を実行しました。

重要な事は欠かさずにシミサプリを飲んでいくということ。その効果は医師も推奨しており、多くの人に愛されています。
シミを消したい人にとってシミサプリは切っても切り離せない存在なのです。

参考⇒シミのサプリとシミ薬

紫外線に当たる時は特に注意をし、毎日の日焼け止め、外出は防止か日傘必須、しみ予防のビタミン剤も摂取するようになりました。
少しの日差しにも敏感になる私を見た友人は、最初は呆れ顔で私の行動を眺めていましたが、私が笑いジワの話をすると興味深く聞いてくれ、私の徹底した紫外線のおかげなのか、私のお肌に出来てしまったしみやしわが消えていくのを間近で見ていか事もあったのか、一緒に紫外線対策をやってくれるようになりました。
10代で痛い目を見た私ですが、早めの対処が良かったおかげで、今では同年代の方よりもお肌はきれいな方では?と自負するほどになりました。
友人にも、早目に紫外線予防に気が付いて良かったよ、と感謝されています。
お肌のしみやしわ、年齢だからと思ってあきらめていませんか?
今からでも遅くはありません。
今あるしみやしわは対策で解消する事も可能です。
私のように後悔するお肌になる前に、是非紫外線対策に注目していただきたいと思います。

実年齢より若く見られていた若く見られるためにはシワは対敵

私は、高校生の頃から、実年齢より若く見られていました。そのまま大学生になっても、また就職してからも若く見られていました。それは、童顔だからです。私は若く見られるのが嫌だったので、実年齢より上に見られたいと思っていました。そして今、29歳になったのですが、27歳頃から、年相応にみられるようになりました。その原因は、決して大人っぽくなったというわけではなく、シワができ始めたからです。
自分でも、気づいたときにはかなり驚きましたが、目じりに小じわが何本かでてきてしまっていることに気がつきました。それまでは、シワなんて気にしたことが一度もなかったですが、急に出はじめたのです。そして、もうひとつの気になるシワは、ほうれい線です。ほうれい線による見た目の印象は、本当に変わるなというのが実感したことです。一気に顔に老けたような、そんな気がします。目尻のシワやほうれい線によって老けてしまった顔を見るのは、すごく嫌でした。
シワについて、原因としては乾燥がよくないということで、私は肌の乾燥対策をしっかりはじめました。今までは、けっこう面倒くさがりやなので、一応ケアはしているけど、念入りにはしていませんでした。そして、使っていた基礎化粧品も、安いものを使っていたのです。消耗品だからと、安くていいかと思ってしまっていました。だけど、20代前半ならまだしも、25歳を超えてからは、基礎化粧品を見直していた方がよかったなと思いました。
私が基礎化粧品を見直してからは、乾燥対策の、保湿力の高いものを選びました。もともと私は乾燥肌なので、水分が入りにくい肌質だったようです。そのため、保湿力の高い中でもしっとりタイプを選びました。変えたのは、化粧水と、乳液、そして今までに使っていなかったクリームをケアとしてプラスしました。そして、一週間に一度の保湿パックをしました。
そしてもう一つプラスしたケア方法があります。それは、シワ対策の美顔器です。美顔器を顔全体に、毎晩しました。ほうれい線の部分は特に念入りにしました。効果を出したかったので、鏡を見ながらしっかり手を動かしました。そして、面倒がりやな私が、欠かさず毎日続けたことがよかったのだと思います。
実際に、すぐに効果が出たわけではありませんでした。だけど、念入りな見直した肌ケアを続けて3ヶ月ほどで、目元のシワ、またほうれい線がだいぶ薄くなったのがわかりました。完全に消えたわけではないので、これからも、続けます。

私が後悔しているシミになった原因を考えてみる

私が思っているシミができた原因は、30代にさかのぼります。私は今40代半ばなのですが、この30代の過ごし方がとにかく悪かったのです。仕事は毎晩遅く生活も荒れていました。夕食はほとんど外食で、きちんとした栄養をしっかりとることができていない状態です。また疲れ切っているため、お化粧もしっかり落とさず倒れるように眠ってしまう毎日でした。
翌朝また化粧をし直しをするのですが、ひどい時にはノーメイクという日もあったりして。そんなひどい生活は、シミの原因ができないはずはありません。
お風呂もシャワーで済ませていて、体のことをなにひとつ考えては生活していませんでいた。
今思っても恐ろしい生活をしていたと思います。
そんな生活をしていると、心も荒んでしまいます。仕事もプライベートもうまくいかず、いつも気持ちが落ち込んでいたように思います。

昔の自分に会うことができるのなら、まずは生活基盤をしっかり直してからの仕事をしなさい。と訴えたいです。
生活が乱れてしまうほどの仕事ってなんだったんだろうと、反省してしまいます。

こんな生活を10年ほどし、今は心も生活も安定しているので、昔ほど肌の調子が悪わけではないのですが、肌は正直です。ツケがくるのです。

肌のバランスが崩れると、ガタガタと崩れだしたように思います。
今40半ばになり、肌のこと、体のことを少しづつ学び、洗顔方法や化粧の仕方などの工夫を繰り返しながら過ごしています。

ただ30代のツケがなかなかクリアにならず、シミが全て消えることはありません。
なので、今では少し高価ではあるのですが、シミ対策用の美衣溶液を購入してケアをしたり、部屋の中でもしっかり日焼け止めを塗ったりと、せっせと紫外線対策を行っています。

また、シミができる原因は毛細血管の老化が原因だというテレビを見ては、毛細血管を若返らせるアイテムの「シナモン」「ルイボスティー」を毎日欠かさず摂るように気をつけています。ただ毛細血管の改善が見られたかどうかは、素人なのでわからないのですが、テレビ情報だと効果があるということでした。まずは地道に続けていこうと思っています。

もし30代の私のような生活を送っている人がいれば、ぜひ改善して欲しいと思います。思った以上にシミを改善するには、時間とコストがかかってしまうものなのです。経験しないとわからないかもしれませんが、しないでよい経験ならしないほうがよいですよね。
昔から規則正しい生活をしなさいというのは、ごもっともだと痛感しているこの頃です。

なんでどうしてできちゃったの?シミとかシワの原因と対策

私はシミとかシワなんて、みんなが言うほど気にしてなかったんです。だって仕方ないじゃないって思ってたから、でも実際
35過ぎたあたりから、確かに肌がなんとなくくすんできたなと思い始めて、でもいつもと変わりなくスキンケアしてたんです。
でもできてしまった。
できたらできたで焦る。
やっぱり嫌なものですよね、なんか気になる。
とうとうシミが、出来てしまってビックリ、いや、多分できていたんだろうけど、今までは薄くて気づかなかっただけで、頬に1円くらいのシミ、
結構はっきりと、隠すのに最初はコンシーラーを使って隠してたけど、ファデションが厚くなる。
無駄にそこだけ浮く感じでやばいって思いました。白塗りですね
もともとあまり厚塗りする感じではなかったから、やたらなんか違和感、減りも早いし、
やっぱり今まで、日焼けを恐れずに、夏は焼き放題焼いてたし、日焼け止めクリームなんかもあまりつけずに、朝つけたきりとかだったし、帽子も被んないで、草むしりとかしてたし、ほんと無駄に肌露出してましたね。
今更ながらまずいなと実感して、シミに効くクリームなんか買ってみたり、日焼け止めを1日なんかいもつけたりして、コラーゲン入りの飲みものや、なんか飲んでみたけど、やはり即効性はないですね。
肌の調子は良くなっても、シミは消えない。
お金も続かないし、意外に良かったのは、プラセンタでした。直接塗るタイプのものを買って、試してみたところ、いがいにいい。
シミもだんだん薄くなり、時間はかかりましたけど、そんなに高くなかったし、部分的に使ってたから、シミの所々がなんか肌色になり、シミが薄くなってきました。
これはいけると思ったけど、ヤッパリ全部綺麗には無理、シミの外側だけ、ふちの部分が残り、なんかかえって変に、ふちは、なかなか手強い
でも懲りずにためしてまだらになったとことかも、念入りにしていたら、なんとさらにうすくなって、そのほかに、マッサージとかもして、肌いいお茶なんかも飲んだり、日焼けしないように、帽子も必ず被り、服なんかも、長袖にしたりして、なるべく肌の露出を避けてなんてことしてたら、茶色いシミがさらに薄くなって、薄く化粧しても対応できるくらいには、復活しました。
でもそしたらやはり今度はシワですね。
ある程度年齢が来ればしょうがないと思ってたけど、目尻の先に一本のはっきりと太いシワ、笑いジワですね。
真顔でいても、くっきりとではじめていて、シワを伸ばすのに、コロコロをやってみたり、パックしてみたりと、なんか寝る前の作業が大変に、みんなしてるのかなと疑問に思いながら、鏡の前の自分ににがわらいです。

、20歳の頃から接客業をしていたシミ対策は早めに限る。

シミに関して私が悩み始めたのは、28歳ぐらいの頃からでした。もともと、20歳の頃から接客業をしていたので、年上の女性のお客様と接する機会もすごく多かったです。そのため、その方達から、シミ対策として、きちんと日焼け止めは塗らなきゃだめだと、何回も繰り返しアドバイスをもらっていました。今思えば、その時のアドバイスをきちんとうけとめて、早めにシミ対策をしていればよかったというのが、一番の反省です。というのも、そのアドバイスを受けたからといって日焼け対策をしたかというと、あんまりしていなかったからです。
もともと私は、中学生の頃にテニス部に所属していました。そのため、毎日紫外線をたくさん浴びていましたが、日焼け止めは塗っていませんでした。それからも、面倒くさがりやな私は、ちょっと日焼け止めを塗る程度で、塗り直したりということもしなかったです。そして社会人になっても、若さで美肌を保っていた部分があったので、紫外線でシミができるイメージがあまりなかったのです。
実際自分が28歳になった頃ぐらいから、シミが出出しました。初めて見つけた時は、嘘でしょ?という感じで、すごくショックでした。目の下あたりに点々とシミができているのを見て、気のせいかなとも思いましたが、気のせいな訳はなく、もう一度しっかり見て見ましたが、やっぱり以前にはなかったシミがありました。
それから気になり、鏡を見るたびすごくその箇所ばかり見てしまいます。そして、それからは、本当にしっかり日焼け対策をしています。日焼け止めはきちんと全身塗り、顔に関しては、出かける30分前に日焼け止めを塗ります。それが効果があると聞いたからです。そして、2時間おきに塗り直しています。そして、もうひとつしている対策は、日傘をさすことです。午前中やお昼頃はもちろん、日の陰った夕方にも日傘をさしています。日傘は、高い位置で持たずに、なるべく低い位置でさして効果的な方法を実践しています。でも、それはあくまでもこれからシミができないようにという予防です。
できてしまったシミには、ビタミンC誘導体の成分の含まれた美容液を塗っています。ビタミンC誘導体が、ニキビ跡やシミにいいと知りました。それからは、毎日化粧水を塗った後に念入りに、シミ部分にとんとんと美容液を指で叩き込んでいます。すぐにはもちろんシミが消えるということはないと思うので、根気よくこれからも続けたいと思います。

しみの改善は体内からと自分の体験から学びました

私は年齢的に、まだしわには縁がないので、しみについて書いてゆきます。
 私の場合、しみとは、肌が著しく疲弊した状態にあるときに肌の表層に浮き上がってくるもの、だという思いが根底にあります。私はこれを、自分の体験から学びました。
 私がシミを気にし始めたのは、大学生になって頃でした。高校生の頃は、日焼けするのが嫌で日焼け止めは冬でも塗っていましたが、別に気になるようなしみは無かったのです。当時の私は規則正しい生活と、母親の作る健康的な野菜の多い料理を食べていたせいか、肌がきれいなのが自慢でもありました。ですが、大学生になって東京のマンションで一人暮らしを始めた私は、だんだんと生活習慣が乱れ、最初は自炊していたものが、食べ物の学校帰りにスーパーで買った出来合いのものや、バイトしていた居酒屋の賄いばかりになりましたし、バイトからマンションに帰ると深夜一時を過ぎているような生活になってしまいました。また、大学の友達と朝まで居酒屋で過ごすことも、校則の厳しい高校から解放された私には、とても楽しかったのです。
 そんな生活をしているうち、半年くらいは特に問題ありませんでした。正直、肌はきれいなままだったのです。ですが、大学生になって最初の夏を終えるころ、私は朝、顔を洗うために鏡を見ていた時、目の下にしみがあることを発見したのです。それは、真っ白いのが自慢の私の肌の中で、不格好に浮かび上がって見えました。今思えば、そんなに目立つしみでも無かったのですが、私はとてもショックを受け、それからあ、しみについての情報を集め始めました。
 それから、私は生活を一変させました。毎朝、パンを食べたりする代わりに、レモンウォーターを飲むことにしました。クエン酸やビタミンCが豊富で、代謝も上がり、肌を白くする効果があるらしいのです。アマゾンで専用の容器を買い、夜に輪切りにしたレモンを入れて冷蔵庫に入れておくだけなので、簡単でした。昼間は、好きなものを食べることにしていましたが、夜はめかぶと納豆を混ぜたものやヨーグルトを食べるようにしました。しみというのは、体の中の状態を整えてあげ、代謝を上がるように意識すると、確実に薄くなっていくのです。夜は、トマトとセロリのスープも良く作りました。これとめかぶ納豆とヨーグルトを続けたことが、私のしみには効果があったようです。また、食間に一日2リットルの水は欠かさず飲み続けています。血液の循環を良くして代謝を挙げてあげるためです。 
 これらのことをすることで、確かに効果はあります。化粧品に関しては、徹夜した後や特別な日に暴飲暴食をした次の日は、雪肌精の化粧水を使ったりはしましたが、大事なのは体の内側からのアプローチで、外側のアプローチだけに頼らないのが私のやり方です。
 ただ、全くしみを消すというより、見えなくなるくらい、あるいは気にならなくなるくらい薄くしよう、という思いで実践すると良いと思います。